避妊Micropil 20肥育や重量を失いますか?

Micropil

Micropil 20は、妊娠を防ぐために、多くの女性が使用する避妊薬です。これは、連続7日以上の休憩を毎日摂取しなければならない経口薬です。錠剤が正しく摂取した場合の妊娠の防止は保証されています。避妊の方法であることに加え、ピルはまた、出血しやすい女性の出血の量を減少させ、月経周期を調節するのに役立ち、また、けいれん、頭痛や偏頭痛、倦怠感や吐き気などのPMSの影響を低減し、腫れ乳房の圧痛など

いくつかの要因には、例えば、いくつかの遺伝的素因が重量や代謝の問題を得るために、これに関連しています。一部のユーザーは、ときホルモンと接触して、腫れとなり、流体保持し、これは彼らが避妊Micropil 20肥育ことを考えるのに役立ちますすることができます。したがって、医師はこれらの液体を排除することに役立つの果物や野菜に基づいてバランスの取れた食事をお勧めします。それは身体の循環を高めるのに役立ちますよう身体活動、驚くべき運動不足、の練習にもお勧めします。

でも、これらの勧告に女性が避妊Micropil 20スリムや肥育ことを認識した場合、女性はこの理由と交換丸薬を理解し、または他の方法を模索する婦人科医を探してくださいすることができます。

担保の効果

産児制限が発生することができ、副作用のいくつかは、乳房、吐き気、めまい、嘔吐、頭痛、偏頭痛、気分のむら、体液貯留、体重変化、耐糖能低下、炎症の腫れ、痛みを伴う胸です皮膚、波、肝斑、まれにレンズに接触する不耐性、視神経炎、無月経、膣分泌物、胆汁うっ滞性黄疸、画期的な出血、血栓症、血圧上昇、子宮内膜症の悪化、膣感染症、感度を増加させ痛み、分泌と胸を増加させました。

禁忌

このと、このような妊娠、心血管や脳血管障害、例えば、血栓性静脈炎、血栓塞栓症のプロセスまたはこれらの条件の履歴として他の避妊具の使用を避けるべきである何人かの女性のための重要な禁忌があります。重要な肝障害またはこれらの条件の歴史、肝機能検査の結果が正常に戻っていない場合。胆汁うっ滞性黄疸、妊娠やステロイドの使用時に黄疸の歴史;深刻な高血圧症;ローター症候群とDubiジョンソン。子宮内膜増殖症;存在または疑わしいエストロゲン依存性腫瘍;ポルフィリン症、診断や血症のない膣出血。

どのように取るには?

あなたは薬を開始する場合、月経の出血の最初の日まで待って、その日の撮影を開始、チャートを仕上げまで、毎日繰り返します。カードの終わりには、月経が発生する7日間の休憩を実行し、八日目に新しいパックを開始します。ご希望の場合は、休憩を行うことなく、新しいパックを修復、継続的にピルを飲みます。この場合、予定はより良い方向について婦人科医に推奨されます。同じ時間に、常に薬を服用してみて、同じ日の12時間を取ることを忘れ。あなたはこの期間を渡すと、次の日のスケジュール上の2つの権利を取ります。

あなたは避妊Micropil 20肥育を使用して主張して誰かを知っていますか?あなたはこの可能な効果のためにそれを取ることを恐れていますか?以下のコメント!